膝の黒ずみの原因と美白方法

膝の黒ずみの原因と美白方法

膝の黒ずみのケア方法

膝(ひざ)周辺がくすんでいて茶色っぽい肌の色になったりしていませんか?実は、膝は男性が意外とチェックしている箇所です。いくら脚が細くても、膝がザラザラしていたり黒ずんでいたりしては、せっかくの美脚も台無しです。

 

このサイトでは、膝が黒ずんでしまう原因と、黒ずんでしまった膝を美白する方法について解説します。これまで、膝のケアを怠ってしまっていた人、膝のザラツキや黒ずみに悩んでいる方は参考にしてください。

膝の黒ずみに有効なケア方法

まずは、すでに黒くなってしまった部分のケアが大切です。黒ずみを起こしてしまっている膝は、皮膚が分厚く、不要な角質やメラニンがたくさん溜まっています。皮膚が硬くなればなるほど黒ずみも進行してしまうので、まずは硬くなってしまった肌を柔らかくする必要があります。湯船にゆっくりと浸かり、肌を柔らかくした状態でスクラブでゆっくり不要な角質を剥がしていきます。肌が十分柔らかくなったら、入浴後の保湿も忘れずに。化粧水などでたっぷりと水分補給をし、クリームやオイルなどで保湿ケアを忘れてはいけません。手持ちの化粧品を膝に使っても良いですし、ネットでも探せば、膝の黒ずみ専用のスクラブやクリームが出ているので、上手に活用しましょう。保湿対策だけで物足りない、美白クリームで効果的に黒ずみを改善したいという人は、皮膚科に通って、乳首やVラインなどの黒ずみ治療にも使われるハイドロキノン治療を行うのも一つの手です。

 

いずれにせよ、硬くなってしまっていた肌が徐々に柔らかくなることによって、自然と肌のターンオーバーが正常となり、黒ずんだ肌をどんどんとはがしてくれます。肌の生まれ変わりは、通常でも4週間かかると言われているので、黒ずみをすぐになくすことは難しいですが、毎日地道に続けることが大切です。

 

メラニン色素の蓄積が膝の黒ずみの原因と先にも述べましたが、実は膝にメラニン色素が蓄積しやすくなる要因(=黒ずみの要因)は、日常生活の中に意外と多く潜んでいます。

 

膝の黒ずみができやすい人

膝の黒ずみができやすい人

1.膝をよく着く

必要以上に床に膝をついたり、頻繁に正座をする人は要注意です。

 

2.スポーツのサポーター
本来、膝を怪我から守るために装着するサポーターにも注意が必要です。局所的に締め付けされることにより、地面との摩擦は軽減できても、サポーターと肌が摩擦を起こしています。膝を酷使するバレーボールはとくに黒ずみやすいスポーツとも言えます。

 

3.膝の洗いすぎ
入浴時にナイロンタオルでごしごしと体を洗う人。必要以上の摩擦は、肌が刺激と捉えメラニン色素を製造してしまいます。また、肌に必要な潤いまで落としてしまうことで、より黒ずみを作りやすい環境にしてしまっています。

 

4.ピッタリしたパンツスタイル
近頃は、体にフィットしたラインのパンツが流行りですが、実はこれも膝の黒ずみにとっては大敵です。衣服で膝が締め付けられていることにより、ちょっとした移動や身動きでも膝に摩擦を生じます。摩擦ができるだけ軽減できるようなゆったりめのラインのパンツやスカートスタイルが理想的です。

 

膝の黒ずみをなくすには、黒ずみの発生原因となる癖であったり生活習慣を見直す必要があります。そうしないことには、再び新たな黒ずみを作ってしまい、いつまで経っても膝の黒ずみは改善されません。毎日の心がけで、膝への摩擦・衝撃を少しずつ減らしていくことが黒ずみ改善への近道です。

膝が黒く見えるのには、大きく2つの原因があります。

 

1.皮膚の収縮

肘にも言えることなのですが、膝などの関節は皮膚が伸縮する部位であり、どうしても収縮した時に肌が黒っぽく見えてしまいます。皮膚をまっすぐ伸ばした時に、黒ずみが気にならない程度であれば、通常のレベルと考えても問題なさそうです。

 

2.メラニンの蓄積

膝が黒くみえるもう一つの原因として、メラニン色素の蓄積が考えられます。膝は他の部位と比べ肌内の水分量が少ない部位で、どうしても乾燥しがちです。乾燥していると摩擦による炎症を起こしやすくなり、色素沈着を起こします。膝の曲げ伸ばしの際に衣服と擦れたり、座る際に地面と摩擦を起こしてしまったりと、私たちの生活で常に膝は摩擦を起こしている部位とも言えます。
摩擦や紫外線などの刺激を受けると、その防御反応として肌内ではたくさんのメラニン色素が作られます。このメラニン色素がすぐ解消されれば問題ないのですが、先にも述べたように、膝は乾燥しがちが部位であり、肌のターンオーバーが乱れやすいことから、メラニン色素が蓄積されやすく、結果黒ずみやすいのです。脚をまっすぐと伸ばしているときでも、膝の肌色が明らかに黒いのであれば、メラニン蓄積による黒ずみと言えます。膝の黒ずみケアを行った方が良いでしょう。